児童精神科このページを印刷する - 児童精神科

不登校や情緒行動障害など児童思春期の精神科診断および治療を行なっています。
広汎性発達障害・アスベルガー症候群・自閉症・注意欠陥/多動性障害などの発達障害、強迫性障害・不安性障害・解離/転換性障害などの神経症性障害、統合失調症、気分障害、睡眠障害、チック障害などを治療対象としています。児童精神科治療は関係機関との連携が必要です。外来診療の結果で適宜入院治療も実施します。

児童精神科の受診予約について

外来受付初診及び再診は完全予約制となっております。初診受付開始時期・時間帯はトップページのお知らせに掲示致しますので、ご確認ください。
かかりつけのある方で入院等の相談は、まずはかかりつけ医に相談してください。

 
  1. 初診は中学3年生までの方を対象とします(再診は概ね高校卒業までの方を対象とします)。
  2. 可能な方は紹介状や診療情報提供書などご用意ください。

児童精神科初診時の流れについて

児童精神科初診時の問診票の記載について

児童精神科を初診予約されました患者様につきましては、予め受診までに問診票を印刷し、すべて記入のうえ受診当日に持参して下さい。
スムーズな受診へのご理解とご協力をお願いします。
問診票は以下をクリックして下さい。PDFファイルが開きます。(A4サイズで4枚)

⼦どもの⼼の診療センターについてのご案内

以下をクリックして下さい。PDFファイルが開きます。

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら