院長あいさつこのページを印刷する - 院長あいさつ

院長写真
当院は昭和27年に国⽴⾚江療養所として発⾜しました。平成14年7⽉には⽇南病院と統合し、平成16年4⽉からは独⽴⾏政法⼈国⽴病院機構宮崎東病院となり現在に⾄っています。

病院敷地は広く、宮崎県宮崎市⾚江に位置し、北に宮崎空港、南はゴルフ場、プロ野球キャンプ地、⻘島、⼦どもの国、東に⽇向灘、⻄に宮崎市街地、⻄南に宮崎⼤学を望みます。この地域は宮崎市の医療福祉ゾーンでもあり、⽼⼈保健施設、養護⽀援学校に隣接しています。たいへん⾵光明媚な場所と⾔えます。

⻑く古い病棟で診療して参りましたが平成28年には旧病棟を建て替え、地上⼀部6階建ての新しい病棟を建設し現在に⾄っております。

当院にいらっしゃるには、宮崎市街地から国道220号線にて⾃家⽤⾞、バスを使うか、⽇豊本線宮崎空港線を⽤いる⽅法があります。また広く県全体からは鉄道以外に東九州⾼速⾃動⾞道宮崎線のランプが⽬の前です。

当院の診療科⽬を⾒ますと、まず歴史ある呼吸器科、次いで宮崎県の神経筋分野難病医療拠点である脳神経内科、さらに内科、⼩児科、外科・呼吸器外科、放射線科と続きます。この10年を⾒ますと肺癌を中⼼とする腫瘍内科、脊椎疾患を専⾨とする整形外科、更に平成29年には国内でも貴重な児童精神科がオープンしました。呼吸器科の患者数は県下有数です。

主な疾患を上げますと、
  • 肺癌
  • 肺結核
  • 筋ジストロフィー
  • 筋萎縮性側索硬化症
  • パーキンソン病
  • ⾼⾎圧
  • ⼩児糖尿病
  • 脊椎圧迫⾻折
  • ⾻粗鬆症
  • ⼩児発達障害 等を得意としています。

医療機器では、全⾝MRI装置、PET・SPECT装置、CT装置等を有しています。リハビリ科ではHALを⽤いたリハビリを神経難病患者さんに対し実施中です。

地域に⽣き、県全体を⽀える意気込みで⽇々の診療を続けています。そのため地域医療連携室では開放型病院を維持し、全ての医療機関と協⼒しています。

今後重要となる⾼齢化社会においても⼗分能⼒を発揮できるよう当院の特徴を⽣かした病院作りに努めて参ります。

皆様⽅のご協⼒とご⽀援を賜りますようお願い申し上げます。
平成31年4⽉
院⻑ 塩屋 敬⼀