リハビリテーション科このページを印刷する - リハビリテーション科

リハビリテーション科の紹介

リハビリテーション科の理念として「患者様に満足していただけるリハビリ医療を提供する」を掲げて、患者様の要望に寄り添い個別に治療プログラムを立案し実施しています。
スタッフは、リハビリテーション科医長である整形外科医黒木浩史先生を中心に、理学療法士6名、作業療法士2名、言語聴覚士1名の9名体制で行っています。
施設基準は、脳血管等リハ(II)、運動器リハ(I)、呼吸器リハ(I)、障害児・者リハ、廃用症候群リハ(II)を取得しています。
主な対象疾患は次の通りです。

脳⾎管等リハ

脳血管疾患後遺症やパーキンソン病等の患者様に姿勢・歩容改善、上肢機能改善に取り組んでいます。

運動器リハ

平成26年1月から整形外科医が常勤となりました。他院から紹介入院した骨折術後の患者様を、退院に向けて関節可動域改善や筋力強化を行い、機能再獲得の援助をしています。また平成27年4月から脊柱手術が開始され、術前評価や術後急性期からのリハビリを行っています。

呼吸器リハ

呼吸器外科では肺葉切除術患者に術前オリエンテーションや呼吸指導・排痰練習を行い、術後は呼吸リハの継続と、運動耐容能を向上し社会復帰がスムーズにできるようにしています。
呼吸器内科では、慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)、気管支拡張症、間質性肺炎等の患者様に呼吸筋群のストレッチ、リラクゼーション、胸郭可動性改善や腹式呼吸の指導など行っています。高齢者には姿勢改善や下肢筋力強化等を行い日常生活動作の維持を図ります。

障害児・者リハ

当院は神経難病拠点病院となっており、定期診察される患者様には外来で機能維持リハビリだけでなく、生活全般へのアドバイスなども行っております。
療養介護サービスを提供する病院の入院患者様には、関節可動域訓練や筋力訓練で日常生活が快適になるように、また呼吸リハで少しでも呼吸が楽になるように援助しています。気管切開して臥床状態の方も病棟と連携を取り、車椅子に移乗しリハビリを行い、QOLの向上も図っています。
また、作業療法士が意思伝達装置関係の環境設定や患者様の手の機能に合わせたスイッチなどの対応に取り組んでいます。
平成27年4⽉より言語聴覚士が勤務し、様々な疾病の摂食嚥下障害や言語障害のある患者様の治療をしています。また、他職種とのチーム医療でVF検査など嚥下機能評価に基づいた摂食機能療法にも取り組んでいます。

ロボットスーツHALの導⼊

PDFファイルをご覧いただくためには、アドビ社のAdobe® Reader® が必要です。最新のAdobe Readerはアドビ社のサイトより無料でダウンロード可能です。

ダウンロードはこちら